ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第8巻より

平成27年9月21日 ベストグループ東北地区見聞会③

私は二十七歳の時からずっと事業をさせて頂いていますので、よく分かるのです。自分の人格が素晴らしい時は、何千名もの方が働いて下さいました。しかし自分の人格が優れない時は、人が離れていきました。自分の人格が素晴らしかった時は、人が支えて下さいました。お金を求めていないのに、たくさんご利益を得させて下さいました。反対に人が離れると、お金まで無くなっていきました。私はどちらも経験しているのです。

人間は、実は苦しむために人間として生まれたのです。

人間が幸せになったら努力しますか? しないと思います。悩みがあるから、悩みを乗り越えるために良い努力をするのです。学生時代は、人間関係以外は悩みがほとんどないのです。しかし、社会に出たらいっぱい悩みが出てくるのです。社会に出るまでは親が守ってくれていたからです。しかし、社会に出たら人間関係、仕事、お金のことで色々悩みが出るではないですか。

ところが真理を学ぶようになると、真理とは本当の教えだから、悩み、苦しみが少なくなってくるのです。この世の中で生きていくには、仕事を通して社会に貢献しなければいけません。しかし、人間の目的は真理を知ることなのです。真理を学び出すと、仕事も大切ですが、もっと大切なことが分かるようになるのです。人類に与えられた最高の学びが、真理を知ることです。

人間は真理を知るために、苦しむように創られたのです。しかし、、命の存在が分かった時、真理が分かった時に、全ての苦しみから解放されていくのです。私もその一人かも知れません。そのような方をお育てすることが、私に与えられた役目です。

あなたを生かしておられる命という存在は、並大抵の方ではありません。命という存在は素晴らしい方です。思いを実現する力を持っておられます。ですから、良くないことを思っても実現するのです。良いことを思っても実現するのです。しかし、本当に思わなければいけません。

一時的に良くなっても、食べ物や人間性が変わらなければ、また同じことを繰り返すではないですか。今よりも成長しないとダメではないですか。つまり、人格が素晴らしくならないと同じ繰り返しをするのです。

「自分は素晴らしい」と思っている人がたくさんおられます。しかし、人間性が素晴らしければ、仕事は成功するのではないですか。つまり、心が貧しいから仕事で実践できないのでしょう。人間的に素晴らしければ、仕事を通して良いことをするはずです。人からも信用されているはずです。

私はもっと素晴らしい人間になりたいと思っているから、今でも努力をしているのです。人間は満足したら終わりなのです。完全なんてあり得るわけがないのです。私は四年前に真理が分かったようですが、「もっと真理を知りたい、もっと到達したい」と思っています。なぜなら、あなた方の役に立ちたいからです。私は自分のためには何も考えていません。日本の未来のために、あなた方の役に立ちたいと思います。

思いが実現する力はあなたの中にあるのです。あなた方はマイナスを思うからマイナスが実現したのでしょう。苦しいことばかりを思うから苦しみが実現しただけなのです。あなた方は根っこから不安があるから、不安が実現するのです。反対にお金は逃げていくように創ってあったのです。「仕事を通して社会に貢献したい」、「お客様に良い仕事をしたい」と思えば、その結果、お金は手に入れて下さるのです。また、それも興味がなくなってきます。

まずは、あなた方が素晴らしい人間になって下さい。そして、あなた方が周りの方々に素晴らしい影響を与える人間になって下さい。そして、あなた方が人間として生まれた最高の経験をして下さい。ベストグループはそのために創られたグループの一つです。

 

 

※内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

※2015年(平成27年)9月21日ベストグループ東北地区見聞会①②③は、2019年5月11日までの公開です。