ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第6巻より

2013年(平成25年)8月24日 ベストグループ関西地区見聞会 ②

でもあなた方は人格者でないお父さん、お母さんから育ててもらっているから、人格者になるのが大変なのです。だから、私は非常に苦労をしているのです。でも若者はまだ心が汚れていないから、人格者になることは可能だったのです。

そして人格者になった時に浄性な人間になるわけですから、人格者は人の道を重んじるわけです。だから人の道を重んじた人は、命の存在が分かるようになるのです。命の存在が分かった時に真理に到達するのです。

私は目を見ているのです。そして、目の玉が美しいか、光っているか汚いか、汚れているかを見ています。目の玉に全部現れるのです。目は心の窓と言われます。

物欲の強い人、悩んだり苦しんだり、色々している人、見えないものを否定する人は、黒目は光らないのです。ところが見えないものを信じたり、浄(きれ)いな心になってくると目の玉が変わってくるのです。このように人間の目は心、あなたの内面を映し出していることを親は知っているのでしょうか。

だから、子供が嘘をついているかついていないか、親は子供の目の玉をじっと見ているではないですか。時々、妻は私の目の玉をじっと見ていました。「あなたは、なぜ私の顔を見て食事をしないの?」と言っていました。そんな時期もありました。「何で、お父さんは新聞を見ながらご飯を食べるの?」、「私の顔をどうしてみないの?」そんな三十代でございました。

 

 

※内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。