ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第9巻より

2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ③

今まで私はインドへ百回以上行っていますが、インドでは夜、一人で歩けません。多くのアジアの国々でも、夜は一人では歩けません。ヨーロッパでも夜は一人では歩けません。世界で安心して夜に歩けるのは日本です。

インドには、真理をお教えするために宇宙を創られた存在が、人間の肉体に命として直接宿られた方が四方お見えになります。宇宙を創られた存在が真実をお教えするためには、人間の肉体に入らなければ教えられません。

しかし人間は、この宇宙で最高の生物であることを誰も知っていないのです。人間に真実を教えるために、偉大なる存在は人間の肉体に直接入られました。一万五千年前には、ラーマ・チャンドラという方を通して、正義の大切さを教えられました。

五千年前には、クリシュナという肉体に直接お入りになり、真理と正義をお教えになりました。その時に、黒色(鈍性(どんせい))、赤色(激(げき)性(せい))、白色(浄性(じょうせい))、ゴールド(純性(じゅんせい))の心について教えられました。

真理を学び出したら人生が変わるのです。人間が生まれた目的は真理を知ることですから、「真理を教えて下さい」と言ったとたんに人生が変わるのです。生きる力がついてくるのです。

人として生まれたのは何のためか。人間は苦しむために創られているのです。どれだけ努力をしても、努力をしても、幸せになるのは束の間です。

中には、物質的に恵まれて衣食住があれば幸せと思っている方が多くいます。しかし、衣食住が安定したら幸せなのでしょうか。

人間は宇宙で最高の生物です。その最高の生物である人間だけに真実を知る力を与えられたのです。物質も必要ならば手に入れさせて下さいます。人間は苦しむために創られたのです。では、幸せになるためには白い心(浄性)になって初めて、幸せを経験するように創られたのです。

心配と不安と恐怖、悩み、苦しみ、「お金、お金」と言う人、家族やこの世の物に執着する人は苦しんでいる方が多いではないですか。このような方は苦しむために生きているのです。

確かに一時的には良いこともあるのです。しかし成功と失敗は表裏一体ですから、成功しても必ず失敗するのです。一生懸命働いても病気になるかも知れません。しかし、真理を学び命につながった方は、一気にゴールド(純性)の世界へ行くのです。ありがとうございました。