ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第9巻より

2017年(平成28年)12月4日 ベストグループ道央・道南見聞会 ②

遺伝子科学者は「日本人の遺伝子は素晴らしい」と話されました。「日本人には思いやりや優しさ、慈しみの心があり、とても真面目です。とても素晴らしい遺伝子がたくさん残っている」と話されていました。

日本人の遺伝子は稀に見る素晴らしい遺伝子なのです。だから日本人は独特の文化を作り上げてきたのです。他の国とは違った新しい独自の文化・文明を作りました。日本人は偉大なる存在が、人類の未来のために残しておかれたと教えて頂きました。

インドの愛する偉大なる御方(おかた)は「お前たちに使命を与える。数百年後、世界は混沌としている。その時、日本人を見よ。日本は精神的も物質的にもとても豊かになった。それは日本人が素晴らしいからである。その素晴らしい日本人を育てよ」と百二十五名の前で言われました。

そのうち、使命を頂いた者はたった十名だけでした。この十名から出発をして、私は尊い仲間を求めて全国を歩いています。ですから、人集めをしているのではないのです。

人類は日本から変わると言われたのです。日本は世界の見本たる国になるために、偉大なる存在は日本人だけを創られなかったのです。日本人は素晴らしい使命を頂いたのです。ああなた方も使命を受けた一人です。

あらゆる人種が結合してできたのが現代の日本人です。日本人は独特の文化を作りあげました。私たちの先祖は穏やかさの中に、正義と勇気、自立心と誇りをしっかり持っていたのです。

今、私たちは『真理の国』になるお手伝いをさせて頂いています。日本人として『崇高なる使命』に誇りと自信を持ってお手伝いをさせて頂きます。これが、日本人が創られた謂われなのです。

日の本の「日」は光という意味です。真理は光です。日本は光の国になるのです。日本は光の国になるための、最後の場所だったのです。 ベストグループの使命『日本が道徳に満ちた国になる事と命を大切にする国になる事により、真理の国になる事を心から願い、お手伝いをさせて頂く事が、ベストが創られた目的です。

インドの愛する偉大なる御方は「数百年後、世界は日本を見習えと言う時が来るであろう。日本人は精神が豊かで、物質的にも豊かになっている。世界は日本を学べと言う時が来るだろう。世界の見本たる日本人を育てなさい」と仰いました。

それを聞いた私たちは「一体これはどういうことだろう?」と思いました。私は必死になって答えを求めたのです。一生懸命に偉大なる存在につながる努力をして、やっと答えが分かりました。

まず、一番大事なことは、高徳者をお育てすることだと分かりました。高徳者だけが命の存在が分かります。命の存在が分かると真理が分かるようになります。

真理が分かった時、一人一人の心が穏やかで、怒りや憎しみもなく、悩みや苦しみも、恐れや心配不安もなくなり、すること為すことが、とても素晴らしいことが起こるようになります。病気も減り、争いも犯罪も減り、心の病気も減り、総じて人間が素晴らしくなります。

つまり、日本が真理の国になることが、私たちのお手伝いの目的であると分かったのです。そして、それから五年目に命を発見させて下さいました。ベストの指針を創らされました。ベストの指針は、インドの愛する偉大なる御方が衣川(大先生)の肉体を通して書かされた、凄い内容です。

私たちの仲間の中には、真理が分かる人も出てきました。ベストグループに参加している方達は、体の病気をする方も少ないようです。ベストグループの人が争っていたら、私は直ぐに叱るのです。ベストグループには、犯罪をする人はいません。

精神的、物質的に豊かになり、家庭や社会や国がとても素晴らしくなるだろうと教えて頂いています。我々は国を変えようとも思っておりません。社会を変えようとも思っておりません。インドの愛する偉大なる御方は「世界の見本となる人財を育てなさい」と言われたのです。

人が国を形成しております。私は物質も認めているのです。精神的に豊かでも物質的に貧しければ、誰も学ばないと思います。だから、ベストグループは物心ともに豊かにならなければいけないと思います。