ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第11巻より

2018年(平成30年)8月4日 ベストグループ道北道東地区見聞会 ①

皆様、おはようございます。私は一人からこのグループを創らされました。今は全国に広がっています。グループを創るのは簡単ですが、維持して繁栄させるのは大変なことです。それは誰にでもできることではありません。

今、人間性が善いとは言えない方が増えてきているように思います。社会や人類の役に立つことをすることを嫌だと言う方が、とても多いと思います。「社会や人類の役に立ちたい」と思っていても、自分の生活が大変なのでしょう。生きることだけで必死になっている方がとても多いと思います。

しかし、二十五年前はまだ違いました。「良いことをなさっていますね。是非ともお手伝いをさせて下さい」と言う方が多かったです。当初この世界に来た時、私は自社のお金で全国を回って活動させて頂いていました。気がついたら会社のお金が無くなっていた時もありました。

それでも、「社会や人類の役に立つことをさせて頂いているのだから、お金が無くてもまた必ず入ってくるだろう」と思いました。そうすると、本当にお金をまた手に入れさせて下さいました。

ベストグループを創らせて頂いて、気がついたら二十五年が経ちました。その間、色々な方が入られ、離れていきました。自分の幸せしか考えない人は離れていくし、「少しは人類や社会のお役に立ちたい」と思っている方は残ります。ここでも、どれだけ多くの方が入って来られ、離れていったのでしょう。

人間は、自分の利があれば参加するし、利がなければ参加しません。しかし、いずれは自分が亡くなることも知らないで生きている方が、とても多いです。あなた方は、自分が死んだらどうなるのか、興味がないのですか。死を受け入れられないという方が多いと思います。

命の存在を知らない方々は、「肉体が命」と思っているのです。私は命の存在を知っているから、命を否定する方には妥協しません。命があるから生きているのです。

当初の開拓民の方々は、命の存在を知っていた方が多かったのです。しかし今、「肉体が命」と思っている人が増えてきて、「お金が一番」と言う方が多くなってきたのです。

ベストグループの方々は、「肉体が命ではない、この肉体を生かしている存在が命である」と分かる方々が増えてきました。そのことが分かった方は、生き生きとしています。

「お金やこの世の物質が一番」という方は、見えるもの(物質)しか信じなくなってくるのです。物質に焦点を絞った方は、形あるものが一番と思っているので、その結果、見えない存在を信じなくなってくるのです。