ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第11巻より

2018年(平成30年)8月5日 ベストグループ道南地区見聞会 ①

皆様、おはようございます。日本では昔から「八百万(やおよろず)の神」と言われるように、地球上には八百四十万種類の生物がいると言われています。インドへ行くと、八百四十万種類の生物がいると書物にも書かれていました。そのことが分かっていた昔の日本人は素晴らしいと思います。

昔の日本人は、生物の命を『神々』と言っていたのです。八百万種類の生物に命が宿っていることを、当時の日本人は知っていたのです。今はそのことを知らない方が多いと思います。あなたを生かしておられる存在のことを知らずして、あなた一人の力でどれだけ生きられるのですか。

ろうそくの長さのように、命が肉体に宿った時に、一人ひとりの寿命は決まっているのです。ですから、長生きをしたいと思っていても、短い寿命で生まれると決められた方は、ちょっとした事故で亡くなるかも知れません。

長い寿命で生まれると決められた方は、病気をしても長生きをする方もいるかも知れません。寿命というのは、生まれた時の命の決め事なのです。

誰でも不幸は嫌なものです。「幸せになりたい」と思っていても、何の努力もしていない方もいれば、幸せに向かって本当に努力をしている方もいます。色々な方がいると思います。しかし、幸せになりたければ努力しなくてはいけません。

何の努力もせずに幸せになることができるならば、社会は崩壊すると思います。痛い目に遭うということは、「もっと成長しなさい」ということではないですか。痛い目に遭うということは、「もっと偉大なる存在を信じなさい」ということではないですか。

私は小さい時から偉大なる存在を否定したことはありません。なぜなら、小さい時から命の存在を信じていたからです。命の存在を信じていた者が、どうして偉大なる存在を否定するのですか。

私は仏の存在も否定しません。たとえば、電波や電流が流れていても、目には見えないではないですか。携帯電話の電波は目に見えませんが、電波があるから電話が繋がるのでしょう。

あなたの携帯の番号に電話がかかってくるから、電波を認めているのでしょう。目に見えないからと言って、あなた方も電波を否定していないではないですか。では、あなた方が生きているのは、命があるから生きているのです。命は目に見えないではないですか。

あなた方も命という電波を捉えれば良いではないですか。しかし、あなた方が命の存在を否定していたら、命に通じようがないではないですか。私は命の存在を認めているから、あなた方の命と通じているかも知れません。