ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第6巻より

2014年(平成26年)5月17日 ベストグループ東北地区見聞会 ①

皆様、おはようございます。皆、幸せになるために生まれているのです。それなのに、なぜ、皆さんは苦しい顔をしているのでしょうか。 偉大なる存在は今から三百万年前に、生まれた目的を知るために人間を創られたと言われています。人間を創られた目的には意味があるのです。

私はそれを二十年間、ずっと追究してきました。そうすると、だんだんと真実が分かるようになってきました。 当初創られた人間は、全ての真実を知っていたのです。つまり、当初の人類は人間が創られた真実を知っていたため争いも無く、共同社会の中で助け合って生きていたのです。ですから、当時は病気もあまりありませんでした。

ところが、だんだんと欲望が生まれてきました。その欲望のために、人類は当初知っていた真実の教えを忘れていくようになりました。   人間はこの世の富を手に入れようとすると、善くない心が生まれるように創られているのです。ある方は人の上に立とうとします。ある方は人を支配しようとします。ある方は他の土地を支配しようとします。

しかし欲望の心によって、人間は苦しみを経験するように創られたのです。でも欲望が少なくなってくると、人間は幸せになるように創られているのです。その欲望に克てるようになった時に、物質の世界でも幸せになるように創られているのです。

どうしたらその欲望に克つことができるのでしょうか。それが課題です。欲望に克ったら心配も不安も無くなるのです。 私を見て心配や不安もあるように見えますか? 普通ならば、七十代になると色々な欲望があって汚い顔をするのです。 欲望に克つと、悩みも本当に無くなってくるのです。苦しみも無くなってくるのです。

欲望が無くなってくると、あなた方の大好きなお金も減ると思いますか? それは違います。人から信頼していただけるようになると、お仕事をしても人が支えて下さるようになるのです。それを皆さんは分かっていないのです。

私が事業家時代にお仕事をさせていただいた時、三年間だけ上手くいかない時期がありました。それは自分の人生が欲望に支配された時でした。その時に人が離れていきました。しかし欲望が減り、皆を大事にするようになると、人が支えて下さるようになりました。

欲望に克った方のみが人生の勝利者と言われるのです。そうなるのは難しいでしょう。なぜなら、人間は欲望に負けるように創られているからです。女性の魅力に負けたり、男性の魅力に負けたり、お金の魅力に負けたり、人間はこれらの物質の魅力に負けるように創られているのです。

その欲望に克った人間のみが幸せになるということに、私は気づくようになりました。私は経験者だから言えるのです。この世の欲望に克った方のみが真の幸せを手に入れるように創ってあるのです。

社会にとって必要たる人間である限りは、生かされるように創ってあるのです。これを良き運命と言います。しかし、自分の利のためだけに生きている方は良くない運命を歩みます。ですから、命に見放されるような生き方をしている方と命から愛されるような生き方をしている方は、はっきりと違ってくるのです。

では、命に愛される生き方とはどのような生き方なのでしょうか。命という存在があるのに、なぜ皆さんはそれを知らないのでしょうか。 皆さんは、「命」という言葉があることを知っています。命は本当にあるのです。でも、この世の物質に人生を奪われた方は、その見えない存在を否定するのです。

しかし、心が浄いになると見えない存在も認めるようになるのです。ところが、見えない存在を認めない方は物質しか認めず、お金しか認めず、肉体しか認めない方たちです。そのような方たちは、見えない存在を否定するように創ってあるのです。それが人間の仕組みです。

 

 

※内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。