ベストグループ 見聞会講話集

衣川晃弘大先生「21世紀を幸せに生きる」第9巻より

2017年(平成29年)3月11日 ベストグループ京滋奈地区見聞会 ③

愛イコール真理です。真理とは真の教えです。インドの愛する偉大なる御方(おかた)は「真の宗教があるとしたら愛の宗教である」と仰いました。愛の方はゴールドの光が放射します。悩み、苦しんでいる方は黒いオーラが出るのです。物質の世界の成功者は、赤いオーラが出るのです。心が浄(きれ)いな方は白いオーラが出ます。

命につながって真理に到達した方は、ゴールドのオーラが出るのです。ゴールドは何か惹きつける力があるのです。人間は愛に惹きつけられるのです。愛の色はゴールドです。

あなたたちは愛に惹かれ、愛を求めているのです。しかし、既に愛はあなたの中にあるのです。その愛を引き出すお手伝いをさせて頂くために、私は派遣されているのです。一度しかない人生を人類や社会のために役に立てたいという心根のある方しか、命という存在が理解できないのです。

命は愛ですから、愛のない方、自己中心的な方は、ベストグループに参加されても、命という根が張らないのです。そういう方は、自分の幸せを求めているのです。命は愛だから、愛の方でないと命の存在を理解できないのです。

真理に到達するということは、人間が到達する最高の境地です。真理を知るために、偉大なる存在は人間をお創りになりました。真理を知ることが、人間が創られた目的なのです。平成三十年から施行される道徳の教科書にも、道徳と命と真理という言葉が書かれています。

教育基本法にも道徳と命と真理が書かれています。その基礎は「正義」です。正義の心がない方は、苦しむ人生を歩むために創られたのです。これが、幸せになる方と、幸せになれない方の違いのです。

真理を知った方はみんな顔が笑顔です。あなたたちは自分の姿を見てご覧なさい。自分や家族のことだけしか考えない人は、下を向いて歩いているのです。先や周りのことが全く分からないのです。世の中のことも分からないのです。自分や家族の小さな出来事で一喜一憂して、人生は楽しいでしょうか。

「日本が道徳に満ちた国になる事と命を大切にする国になる事により、真理の国になる事を心から願って、お手伝いをさせて頂きたい」と思って生きるためには、足元も見ないといけません。生きていくためには、仕事もちゃんとしなければいけません。これは当然のことです。

小さなことで立ち止まるのではなく、未来を見据えて進まないといけません。それを実践しているのがベストグループです。このグループは真理という、本当のことを学んでいるグループです。つまり、愛のグループです。ありがとうございました。

 

※内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。